AGAクリニックで薄毛治療をしよう|しっかり症状を改善してくれる

医師

男性特有の薄毛

笑顔の男性

テストステロンが影響する

男性ホルモン・テストステロンが原因で発症する薄毛がAGAです。20代後半〜30代になると額の生え際が薄くなり、30代後半〜40代になると頭頂部が薄くなってくるのがAGAの特徴です。生え際や頭頂部にある細胞は、テストステロンの影響を受けやすい傾向があります。逆にそれ以外の細胞はテストステロンの影響をほとんど受けないので、年を重ねてもふさふさのままです。AGAは放置するとどんどん進行します。しかし、早めにスカルプケアをすると予防したり、進行を遅らせたりすることが可能です。テストステロンは遺伝するので、親族を見渡してみて薄毛の人が多いようなら、10代や20代の早いうちからスカルプケアを始めるのがお勧めです。

育毛クリニックで治す

AGAが進行してしまっている場合、育毛クリニックに行って治療を受けるのが最善策です。東京都内なら育毛クリニックの数が充実しています。世界最先端の薄毛治療ができるクリニックもあります。東京都に通いやすい範囲に住んでいるのであれば、東京都のクリニックを検索してカウンセリングを受けることをお勧めします。AGA治療は、フィナステリド、ミノキシジルタブレット、ミノキシジルローションなどの投薬治療が基本です。一部育毛クリニックでは、頭皮に成長因子を注入する育毛メソセラピーや自分自身の細胞を移植する自毛植毛などもできます。東京都のどこの育毛クリニックでも治療費は全額自己負担です。最低限の投薬治療であれば、一ヵ月1万円ほどで出来ます。

Copyright© 2016 AGAクリニックで薄毛治療をしよう|しっかり症状を改善してくれる All Rights Reserved.